墨田区の消化器内科で不調の解決をはかる

墨田区の消化器内科を診療科目に持っているクリニックの数は、昔と比べても増加傾向にあります。食道、胃・十二指腸、大腸から肝臓、胆のう、脾臓まで対応を行ってくれます。逆流食道炎や胃潰瘍、B型・C型肝炎、胆のうポリープなど様々な病気の検査や治療が可能です。消化器関連の症状は、複数の臓器が関連して症状が起きていることが良くあります。

胸やけや吐き気、食道炎は一見食道自体の病気に感じられますが、多くは胃が関連していて胃のもたれ胃痛、胃炎が併発していることも多くなっていいて、胃酸が極端に増加してしまっていることが一つの原因で、胃酸が増える原因を作っているのがヘリコバクター・ピロリ菌の可能性があります。墨田区の消化器内科で、胃にヘリコバクター・ピロリ菌がいるかどうか検査を受けることができますから、心配な人は症状がなくても検査を受けた方が良いでしょう。放置してしまうと胃の粘膜を傷つけて炎症を起こしますし、潰瘍やがんに移行していく可能性も高めます。検査でヘリコバクター・ピロリ菌の陽性反応があれば、除菌を行って様々な病気になることを防がなくてはなりません。

十二指腸潰瘍も、ヘリコバクター・ピロリ菌が関連している場合があります。過敏性腸症候群は腸や小腸に問題がなくても、下痢や便秘が続いてしまう症状で主な発症原因にストレスがあって、この病気についても対応しています。精神的な問題で起きる症状であっても、クリニックで適切な治療を行えば状態が緩和する可能性が高いため、頻繁に、吐き気や痛み、便通異常が繰り返されるのであれば墨田区の消化器内科なら総合的な診療を受けることができますから、受診してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です