腱鞘炎の症状と治療法

腱鞘炎はその名の通り腱を覆っている腱鞘という部位に炎症が起こっている状態のことを言います。症状がひどくなると痛みだけでなく腫れが生じ、さらに動かしにくくなったりもします。腱鞘炎は同じ箇所を動かし続けることで発症するとされており、字を書き続けたりパソコンや楽器などを使い続けるほか、赤ちゃんや重い荷物などを抱え続けることでも発症します。腱鞘炎が生じる主な部位は手首や指、肘、足です。

特に手首の場合ドケルバン病と呼ばれ、手首と指は仕事で手首をたくさん動かす人だけでなくスマホをよく使う一般の人でも発症するリスクがあります。腱鞘炎を治すために一番大切なことは痛みが起こっている箇所をできるだけ動かさないと言うことです。ただどうしても動かさなければならない時にはサポーターやテーピングで固定しておき、さらに炎症を鎮めるために冷湿布を貼るのも有効です。あまりにも痛みや腫れが引かない場合には病院に行く必要があります。

これは整形外科が専門で、主にステロイドの注入治療が行われています。またよほどひどい場合、麻酔科で神経ブロック注射を受けると言う手段もあります。そしてこれらの治療で腱鞘炎が改善されなければ手術を検討しなければなりません。手術では局所麻酔の後、患部を小さく切開してから痛みの原因である腱鞘を切開して腱を解放し、皮膚を縫い合わせます。

指や手首の手術なら当日でも入浴可能です。術後は安静にしておけば特にリハビリを受ける必要はありません。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です