指や手首に負担をかけないことで腱鞘炎予防

パソコンを仕事で使う場合や、スマートフォンなどを頻繁に使う方の中には、指や手首に違和感や痛みを感じた方もいるでしょう。指や手首に負担をかけすぎてしまうと、痛みなどの症状がでてしまい腱鞘炎になる場合があります。予防をするためには、指や手首に負担をかけないことが一番ですが、仕事や私生活の環境によっては、どうしてもパソコンやスマートフォンが手放せない生活を送っている方も多いでしょう。指や手首に負担のかかる作業などをどうしてもしなければならない場合には、作業の合間に軽く休憩を入れて指や手首を休ませるようにしましょう。

ツボを押してみたり、ストレッチを軽く行うことで、腕の筋肉を適度にほぐし、筋を伸ばすことで、腱鞘炎の予防につながります。また、作業をする場合の姿勢なども重要です。パソコンの場合には、キーボードやマウスを使います。使う場合に、不自然な体勢や、手首に負担がかかりやすい体勢をしていると、痛みなどがでやすいため、きちんと正しい姿勢を保ちながら、作業するように心がけましょう。

正しい姿勢を保つことは、指や手首だけでなく肩や腰への負担も軽減するので、肩こりや腰痛などの予防にもつながります。腱鞘炎を予防するためには、できるだけ負担になる作業などをしないことが大切です。作業をする必要がある場合には、できるだけ負担がかからないように工夫することや、適度に休憩を取り、指や手首を休ませること、またストレッチやツボ押しをして痛みがでないよう予防策をとるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です