腱鞘炎は初期の対処が大切

例えばパソコンを一日中うっているとか、重たい荷物を毎日何度も持ち運ぶなどいろいろな繰り返しの作業で手を使い過ぎてし合うと指や手首に痛みを感じるようになるのが腱鞘炎です。手首に負担がかかりやすい職業などについている人なりやすいので、ある種の職種では職業病のような扱いを受ける場合もあります。腱鞘炎は手首や指などの骨と骨をつなぐようにある骨格筋という筋肉をつなぐ腱のまわりの腱鞘が炎症を起こしてしまう病気です。この腱と腱鞘が酷使されてしまうと腫れがおこってしまい、それがお互いにこすれて摩擦を起こすようになってしまうので痛みを感じるようになります。

そして腱が腱鞘に圧迫されてしまうことによって関節の動きが阻害されてしまうので、手首や指の曲げ伸ばしがうまくできなくなってくるのです。腱鞘炎になってしまうとちょっとして動きや軽いものを持っただけでも痛みを感じるようになってしまいます。動かした瞬間に強い痛みを感じたり、常に鈍い痛みが続いたりと人それぞれの症状によって痛みを感じ方は違ってきますが、ひどくなると慢性化してしまうことになり、日常生活にも支障をきたすほどの痛みや手をうまく動かすことができなくなってしまう恐れがあります。ですから痛みを感じる時にはまず患部をあまり動かさないようにして安静にすることが大切です。

腫れているならば過ぎに冷やすようにして、痛みを止めるためにもテーピングやサポーターで固定するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です