ストレスチェックの制度概要

近年、ストレス起因の心身不調を防止して従業員の健康維持を図る観点から、厚生労働省の主導により、ストレスチェックという新たな制度が導入されました。この制度が導入された背景の1つとして、近年、上司などによるパワーハラスメントや人員不足からくる過労などによって、多くの従業員が強いストレスにさらされており、体の不調を訴えるケースが続出していることが挙げられます。そのまま放置していれば、さらに状況が悪化し、長期療養や休職に追い込まれる可能性もあります。悪化を防ぐには、従業員が抱えているストレス状態を把握し、その状態に応じた適切な処置を行うことが効果的です。

しかし、ストレスというものは目に見えるものではなく、また、無意識にストレスを受けていて、当の本人ですらどの程度のストレスかがわからないことも多いです。そこで、この度導入されたストレスチェック制度では、個々の従業員のストレス状態を点数にして可視化することで、簡易的に診断できるようになっています。ストレスチェックによる具体的なチェック方法は次の通りです。まず、チェック対象となる従業員には調査票が配られます。

この調査票には、仕事に関するさまざまな設問が記載され、回答者は現在の自分の状況からそれぞれの設問に回答していきます。設問の回答は4択形式で、それぞれの選択肢には点数が付けられています。これにより、回答者が選んだ選択肢の点数を合計すれば、その回答者のストレス状態が点数となって現れるという仕組みになっています。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です