ストレスチェックとはどのような制度?

ここ数年、仕事上のストレスが原因で体を崩したり、心の病にかかったりするケースが増加する傾向にあり、一部では社会問題にもなっています。そこで、従業員が抱える仕事に関するストレスを定期的に診断し、そのストレスの程度によっては早期に適切な対処を行うことによって、ストレス起因の心身不調を防止する制度が求められています。そのような制度の1つが、近年新しく導入されたストレスチェックです。ストレスチェック制度では、従業員の仕事に関するストレスを、調査票を用いて点数化することで、簡易的なストレス診断が可能となっています。

ストレスチェックで使用する調査票にはストレス診断のための設問が並びます。設問は、普段の業務量に関するものや、現在の仕事に対する意識、さらには、社内の人間関係に関するものなど、多岐にわたります。回答者は、今の仕事状況や仕事に対する気持ちなどを踏まえ、各設問に回答していきます。回答は四択形式を採用しています。

回答者は、各設問に対して、4つの選択肢から最も適切なものを1つ選びます。ここで、それぞれの選択肢には1点から4点の点数がついています。これにより、全ての設問に対して回答を終えた段階で、選んだ選択肢の点数を合計すれば、その回答者が現在抱えているストレスが、簡易的ではありますが、点数で示されることになります。このようにストレスを点数化することで、現在のストレス状態がどの程度かを診断することが容易になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です