ストレスチェックの義務化は企業に向けられたもの

従業員の仕事に対するストレス状況の管理システムは、現代社会では必須の条件になっています。ストレスチェック制度もそうした現代社会の需要に応えるための制度です。ストレスチェック制度は、従業員が個人や組織のストレス状態を理解し、精神疾患を予防し、それを改善したり分析するためのものです。チェックは、すべての労働者のために行われますが、正規労働者の所定の労働時間の4分の3未満の短時間労働者の契約期間を持つ労働者もそれを受けることが可能であり、企業側に義務化されています。

ストレスチェックの義務化がある職場は、常時50以上の労働者が存在する事業所ですが、例外的に200人規模の企業でも、職場の実働単位の面で50人未満であれば、ストレスチェックの義務化が除外されるケースがあります。チェックは、アンケートフォームやウェブ調査で年に1回実施され、結果は個々の従業員にフィードバックされます。これを行うことにより、回答者は自分自身のストレスの現在の状態を実現し、自分自身のストレスに対処することができます。こうしたセルフケアもストレスチェックの利点の一つです。

高いストレスがあると判断された方は、自らそれを提供して医療面接指導を受けることができます。ただ、検査を受けた企業内の社内風土によっては、ストレス状態がどの程度の水準が普通なのかの基準が異なります。社内の雰囲気によって自己申告したことでマイナスの評価を受けないかと心配する労働者も多いので、この点に関してはよく考慮しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です