ストレスチェックの義務化について

ストレスチェックを行う義務がある企業や会社、団体はあらかじめ労働安全衛生法によって定められています。それは50人以上の労働者数がいる事業所が対象になっていますので、多くの職場が義務化の対象になっていることでしょう。ストレスチェックが義務化になったことで、働く労働者が不利益に扱われないかどうかは、チェックを受ける側の労働者が一番知りたいことです。またもし結果で医師による面接指導を受けた場合、職場から不合理な人事措置を取られないかについても、心配な点ではないでしょうか。

この点についても労働安全衛生法に定めがあり、解雇や雇止め、退職勧奨、職場からの不当な動機や目的による配置の転換や職位の変更は行われないように禁止されています。また労働者側から、医師による面接指導を受けたいといった申し出やストレスチェックの結果を事業者へ提出するのを拒んだ場合に、不利益な取り扱いを行うことは禁止されています。労働者を守るための法律ですので、万が一、労働者が不利益を受けた場合は、企業側が罰せられることはありますが、ストレスによって従業員の健康上の安全が保つことが出来ない場合は、合理的な取り扱いであると判断される場合もあります。ストレスチェックの義務化によって、働く労働者側の環境がよくなることを目的に作られた制度ですので、雇用する事業者もそれを肝に銘じて、悪用せずに、正しくストレスチェック制度を導入するのが理想でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です