ストレスチェックは毎年一回の実施

近年仕事による強いストレスが原因で精神疾患をもってしまう社会人が増えており、労災認定される人も増えています。それを受けて国は労働者が50人以上いる事業所にストレスチェックの実施を課しました。ストレスチェックとは、労働者にストレスに関する質問表に記入して貰い、それを集計かつ分析することでその人のストレスがどのような状態にあるかを調べる検査です。労働安全衛生法という法律が改正されたので、2015年の12月から毎年一回この検査を必ず実施することと義務づけられています。

ストレスチェック表は選択回答方式で、「そうだ」「まあそうだ」「ややちがう」「ちがう」の中から一番近いと思われるものを選んでいきます。これにより労働者が現在の自分のストレス度合いを客観的に知ることが出来ますので、ストレスが高いと判断された場合には医師の診察やカウンセリングを受けたり、会社側に仕事の軽減を求めたりすることが出来ます。ストレス社会と呼ばれる現代では鬱病などのメンタルヘルスを崩してしまう人が多いので、それを未然に防ぐために実施されています。ストレスチェック審査の結果は医師などの実施者が回収して評価し、直接本人に通知されますので、企業側が結果を手にすることはありません。

もしも企業が結果を知りたい場合には、本人の同意が必要とされています。結果は医師などの実施者が保存し、第三者に見られることがないように管理しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です