墨田区にもある消化器内科とは

墨田区は東京都の特別区のひとつとされていて、全国的に有名なものが東京スカイツリーです。観光名所で有名ですが、病院も数多くあります。墨田区にも消化器内科がたくさんあります。消化器とはのどから肛門まで約9メートル近くの長さがあります。

消化器内科はその9メートルの中にある食道や胃、小腸や大腸の異常を確認し、治療を行う場所です。その他にもだ液腺や肝臓、すい臓や胆のうなどの場所も担当しているのが消化器内科になります。日本人のがんの約60%は消化器のがんだと言われています。現代では食生活の乱れなどがあり、若年層のがんも増えてきています。

なので、墨田区にも多くの消化器内科があるので、定期的な検査が必要です。医療の発達で、内視鏡検査などでがんの多くは早期発見可能になりました。そのことで、手術も簡単に行うことができ、後遺症などもなく、すぐに普段の生活に戻れる方が増えてきました。大腸内視鏡検査も過去には痛い思いや辛い思いをした方も多くいますが、今では丁寧な挿入や観察することで、痛みなどを最小限にすることが可能になってきました。

このように消化器内科では医療の発達で、病気の早期発見や苦痛のない検査ができるようになってきました。定期的に病院で検査をしながら、日頃の食生活の改善も必要です。栄養バランスの乱れで病気になる可能性は高くなってしまいます。なので、外食やファーストフードなどを最低限減らし、栄養バランスを考えることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です