定期的なストレスチェックがおすすめ

ストレスチェックというものをご存知でしょうか。いくつかの項目にこたえることで、チェックをした人の感じているストレスの量や心の状態をある程度客観的に判断できるようになるものです。やったことがない、知っているけれど必要を感じていない、という人もいるかもしれません。しかし、なるべく定期的にストレスチェックをすることをおすすめします。

なぜ定期的なチェックをおすすめするのかというと、本当にうつ病などが顕在化してきたとき、すでにストレスチェックを行う気力すらない、ということがあるためです。うつ病の特徴として、無気力、無力感というものがあり、本人がうつ状態を自覚してからでは、まずチェックをしようという行動がとれないのです。ですから、自分は全く必要がないと思っている人でも、数か月に一度、あるいは年に数回など、タイミングを決めて強制的にチェックすることを習慣づけることが大切です。そうすれば、チェックしようという気力すらなくなる前に、潜在的な心の疲れを発見することができるかもしれません。

また、それとは別に、なんだか気分が乗らない、気持ちが晴れない日が続いている、前向きな気持ちが持てない、という場合にもストレスチェックをしてみましょう。自分の気持ちの状態を客観的に見ることで、別な視点からものを見ることができるようになったり、治療やカウンセリングを受ける目安になったりします。心の疲れは、なるべく積み重なる前に取り除いていくことが大切です。定期的なチェックと適切な手当てをし、心の疲れをためないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です