ストレスチェックの導入によりもたらされるメリット

企業がストレスチェックを導入することによって、企業側にとっても従業員にとっても実に多くのメリットがもたらされます。例えば、企業側が受ける一つのメリットとして、企業で働く従業員の生産性低下を防ぐことができるという点があります。この点は、ストレスチェックを実施しないで病人が出た場合を想定して考えてみるとよく理解できるでしょう。定期的にストレスチェックを実施するなら、病人を出す確率も減り、当然生産性や売り上げの低下を防止することができるのです。

また仮にストレスチェックを行なわなかったために従業員が精神的・身体的に不調をきたした場合、その人の代わりに新しい人を雇わなければならないかもしれません。そうした状況では、やはり相当のコストがかかることでしょう。きちんとチェックしていれば、これら余分のコストが必要になることはありません。ストレスチェックの導入によって益を受けるのは企業側だけではありません。

一人ひとりの従業員にも大きな益をもたらすと言えます。自分ではなかなか気づくことができないようなメンタル面での不調に気づくことができるようになります。また何らかの病気を抱えつつ働いている従業員の症状を悪化させるといった事態を防ぐこともできます。結果として、従業員同士は気持ちよく仕事が行なえるようになるでしょう。

それは、仕事の生産性を向上させることにもつながり、健保財政の面でも大きなメリットがあると言うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です